So-net無料ブログ作成
検索選択
夢の不思議 4 ブログトップ

久しぶりに夢の話 [夢の不思議 4]


[喫茶店]久しぶりに夢の話



    今日は、天気も良くて、かなり暖かだった。

    日向では汗をかくくらいの気温で、保育園児たちも可愛い行列を作って、お散歩をしていた。

    で、久しぶりに夢の話。

    夢の中で食べ物を食べると、風邪をひくというような迷信を聞いたことがあるが、本当のところはどうなのだろうか?

    食べたくないのに、無理やりに食べているような夢の場合は、やはり精神的に大きな負担を感じている証拠だともいわれるようだ。

    仕事面や学業でつまづきが生じるかもしれないという不安が、そんな夢の原因にあるのかもしれない。

    反対に、大好きなものをおいしく食べている夢は、幸福感を感じている証拠。

    実生活も前向きで、願い事も順調にかなう兆しだといわれる。

    また、食べても食べても全く満足が得られないということは、何処か心の中に虚しさを抱えている証。

    ことに愛情面での心細さや不満が、こうした夢を見せるのだという。

    食べ物を誰かと分け合って食べている夢は、その誰かの自分に対する愛情や好意を確かめたいという思いが反映したものだとか。

    仲良く分け合って食べている夢ならば、自分が素直になることで相手の気持ちも自分に向くという暗示だそうだ。

    夢の中に食べ物を食べるシーンが出て来たら、どんな食べ方をしていたかを覚えておくことで、自身の隠れた本音が少しばかり見えるかもしれない。

[frame20172896]image[1].jpg




続きを読む



共通テーマ:日記・雑感

色々おしゃべり 44 [夢の不思議 4]


[いす]色々おしゃべり 44



    時々見る夢で、何故か学校に行かなければならない時間を寝過してしまい、ものすごく慌てふためくというものがある。

    気が付いたら、もう昼を回っていて、今から家を出たのでは授業終了までに間に合わないとか、そんな焦りまくるシチュエーションばかりが頻繁に出て来るのだ。

    苦手な学科の単位が取れずに、下手したら留年か?----と、いう身の毛もよだつようなシーンも良く登場するし、新学期が始まっていたことに気付かず、自宅でぼんやりしていて、突然そのことを知りパニックになる----という展開もある。

    わたしは、いつもいつも夢の中で異常に何かに急きたてられてばかりいるようにも思えるのだ。

    こうした焦りや何かに追いまくられるような夢を見るということは、現実世界でもとにかく時間が足りないと焦っていることを意味するのだとか。

    過去に冷や汗をかいた出来事がトラウマになっていて、それが状況設定を変えたりすることで繰り返し夢になって現われるというもののようだ。

    この話を父親にしたら、

    「何言ってんだ、おれなんか最近ようやく大学時代の夢を見なくなったくらいだ。刑法の論文提出の期限が迫っているのに、一行も書いていなかったとか・・・そんな夢、しょっちゅう見た」

    とのこと。

    てェことは、これからもまだまだこうした悪夢は継続するということか・・・。

    因みに、試験時間に遅れる夢は、それをやりたくないという心理が影響しているのだそうである。

    と、いうことは、わたしの場合、過去の出来事は、本当はやりたくないことばかりだったということなのだろうか?

    まあ、生きていることが、多少なりとも面倒くさくなることがあるのは確かだ。




    ところで、お昼の情報番組でコメンテーターの一人が語っていたのだが、人間、知識を蓄えたり運動能力を最大限に発揮できるのは、やはり若いうちなのだが、それまでに得たものから想像力を発展させたり、考え方に膨らみを持たせられるようになるのは、何と50代からなのだそうである。

    若者の発想は斬新だが奥行きがないと感じるのも、そういうことから来ているのかもしれない。

[frame20155679]image[1].jpg

続きを読む



共通テーマ:日記・雑感

りんごの夢を見たら・・・ [夢の不思議 4]


[揺れるハート]りんごの夢を見たら・・・



    わたしにとって「りんご」は、生まれた時からとても身近な果物だった。

    いわい、あさひ、紅玉、国光、インド、スターキング、ゴールデンデリシャス、アルプス乙女(ひめりんご)、世界一、ふじ、サンふじ・・・。

    家の中は、いつも「りんご」の甘酸っぱい匂いで溢れていて、食卓に「りんご」が載らない日はなかった。    

    今では、さんさ、王林、秋映え、ジョナゴールド、シナノゴールドなどなど新種の「りんご」もたくさん市場に出て来ている。

    わたしが子供の頃には食べたこともないような、みずみずしくおいしい「りんご」も多くなった。

    こんな信州人には親しまれてきた「りんご」だが、夢の意味はどういうものであろうか?

    夢に出て来る「りんご」には、永遠、知恵、愛情、生命力、そして誘惑などの意味があるといわれるそうである。

    りんごが実った木の夢は、恋愛成就の兆し。

    でも、あまりに多くの実がなっている時は、誘惑が多いので惑わされないようにという警告でもあるとのこと。

    お皿に盛られたりんごが出てきた時は、経済運が上昇している暗示。

    また、一個のりんごを異性と分け合って食べている夢ならば、恋人出現の可能性も・・・。

    そして、その相手が知り合いならば、その人が恋の相手になる可能性が高いそうだ。

    しかし、食べたりんごがやけに酸っぱい時は、その恋が危険なものになるかも・・・との暗示なので、軽はずみな行為は、避けた方が無難。

    まだ熟していないりんごを食べた夢は、経験不足が影響して何か失敗をするかもしれないという注意。

    りんごが木から落ちる夢は、恋が終わる予感で、腐ったりんごを食べる夢は、愛情面で不安や疑問が生じているのかも・・・と、いうことのようだ。

[frame27160029]image[1].jpg
   

続きを読む



共通テーマ:日記・雑感

夢の中のもう一人の自分 [夢の不思議 4]


[音楽]夢の中のもう一人の自分



    夢の中に、自分以外のもう一人の自分が登場する---なんて、ことはあるのだろうか?

    わたし自身は、今まであまりそういう夢を見たことはないのだが・・・。

    こうした夢は、現実社会に不安や抑圧を覚えている時、良く見るものなのだそうだ。

    つまり、自分ではどうにも出来ないことを、もう一人の自分にさせるために見る場合もあるのだとか。

    憤懣のはけ口だったり、未来の自分の姿を想像したものだったりするので、その意味は深いということのようである。

    たとえば、もう一人の自分と話をする夢などは、自分を客観的に見詰め直そうという思いが反映していることもあるが、そういう夢を頻繁に見てしまうような場合は、精神的にバランスを崩している疑いもあるので、一度カウンセラーなどに相談してみるのも良いそうだ。

    しかも、その時もう一人の自分が笑いかけて来るような夢は、殊に深刻な心の病を患いかけている警告かもしれないということで、その笑顔を怖いとか不気味と感じた時は、気持ちの中によほど追い詰められたものを隠している証拠だという。

    そして、もう一人の自分が話したり動いたりしている夢を客観的に見ているような夢は、現実社会に溶け込めずにあなた自身が葛藤しているのかも・・・。

    自分一人で悩まずに、誰かに悩みを打ち明けることで、気分が軽くなることもあるそうだ。

    また、もう一人の自分の姿を見て、あなた自身がどう感じたかということも大事な点だという。

    羨ましいと思ったか、何とも思わなかったか、恥ずかしいと感じたか、恐ろしいと思ったか----などでも、意味が変わってくるそうである。

    つまり、夢の中のもう一人の自分は、あなたに大切なメッセージを届ける配達人と考えると良いということなのである。

    もう一人の自分の存在があなたの正直な想いを反映していることが多いので、言葉や行動、表情にも注目して欲しいということであった。

img121_convert_20100427232026[1].jpg

続きを読む



共通テーマ:日記・雑感

お菓子の夢を見たら [夢の不思議 4]


[バースデー]お菓子の夢を見たら



    今朝の寒さはすごかった!!

    窓ガラスはガリガリに凍りつき、某金融機関の駐車場などは、まるでスケートリンク状態だ。

    道路に雪がないのは幸いだが、室内気温が0度以下というのも珍しい。





    時々、異常に鮮明すぎる夢を見ることがある。

    今回見たのは、お菓子の夢なのだが、チョコレートとナッツが混ざり合っている塊をサクサクの衣で包んである丸い形の一口大チョコ食べる夢だった。

    味までしっかりと覚えている。

    お菓子の夢を見るということは、子供のころを懐かしんだり、誰かに甘えたいという願望を意味するのだというが、恋をしたいという気持ちが反映することもあるそうだ。

    異性にお菓子をもらう夢は、あなたに誰かが思いを寄せているかもしれないということで、近いうちに、愛の告白を受けることがあるかもしれないという暗示だそうだ。

    そして、そのお菓子を実際に食べてしまう夢は、誰かに依存したいという願望が強い証拠でもあるという。しかし、下手に頼ると、失敗するかもしれないので気を付けよ----との警告も同時に意味するのだという。

    

    続いて見たのは、またまた洪水の夢である。

    気が付くと、部屋の中が水浸しで、部屋にはいくつかの扉があるが、それらの扉を開いて逃げようとしても、その向こうが行き止まりだったりして、かなりのパニックに。

    だが、開いた扉の中に運よく外へ逃げ出せる出口となっているものがあって、何とか助かるという、かなりスリリングな夢であった。

    こんな風に、自力で洪水から逃げ出すことが出来る夢は、誰かの助力によって新たな転機が訪れることを意味するのだそうで、前向きで進歩的な暗示なのだということだった。

    それにしても、洪水の夢はたびたび見るのだが、よほど生活に張り合いや幸福感が足りないのかもしれないなァ・・・。

[frame24212413]image[1].jpg

続きを読む



共通テーマ:日記・雑感

夢の中に「駅」が出て来たら・・・ [夢の不思議 4]


[新幹線]夢の中に「駅」が出て来たら・・・


    今日は、かなり暖かくなります----と、天気予報は伝えていたが、そんなに暖かくは感じなかった。

    家の中だって、相変わらず寒い。

    使い捨てカイロを出そうかと思ったくらいだ。

    父親などは、あまり寒いので一日に二度も外湯へ行く。[いい気分(温泉)]



    夢の中に「駅」の光景が出て来ることはないだろうか?

    わたしは、この「駅」にまつわる夢を本当に良く見ることがある。

    「駅」が象徴するものは、進路の変更、日常生活の区切り、大きな決断というものだそうだ。

    しかし、たいていにおいて、「駅」の夢は楽しいものではないようで、駅へ行く道が判らないとか、駅の中で迷う、降りるべき場所ではない駅で列車から降りてしまうなどなど----不安や心配が反映したものとなる場合が多いそうだ。

    それでも、駅の中で誰かと知り合う夢は、仕事上で困った時、誰かに助けてもらえるという暗示であり、駅へ向かって元気に歩いて行く夢は、物事が思い通りに運ぶということを意味しているということである。

    で、駅へ行く道に迷う夢は、生活のリズムが乱れやすいとか、暴飲暴食に注意せよということ。

    駅の中で迷子になる夢は、自分がどうしたいのか判らなくなっているサインだという。

    また、降りる予定ではなかった駅で降りざるを得なくなってしまった夢は、自分が今やっていることに自信が持てないという意味で、もう一度一からやり直したいが踏ん切りがつかないというような心の葛藤も表わしているのだそうである。

    そして、終着駅で途方に暮れているような夢は、自分の前途に行き詰まりを感じている証拠。思い切った方向転換が必要なのかもしれないという示唆だそうである。

    駅の待合室にいる夢は、現状から一歩踏み出そうとしているが、もう一つ勇気が持てないという意味。

    駅で切符を買おうとしているのだが、券売機の使い方が判らないとか、目的の駅が券売機の表示に見当たらないとか、何度買っても別の駅までの切符が出てしまうとか、早く切符を買いたいのに、列車の発車時刻が迫っているとかの夢は、仕事や生活面で何か焦りを感じている問題があるということだそうだ。

    「駅」の夢を頻繁に見るような時は、現実に自分の置かれている環境に満足していない場合が多いという。

    自分自身の中の不安や不満が何なのかを、冷静に考えてみる必要があるということのようである。



続きを読む



共通テーマ:日記・雑感

ネックレスの夢 [夢の不思議 4]


[リボン]ネックレスの夢




    アクセサリーショップ宝石店で、どんなネックレスを買ったらいいか迷う夢を見たことがあるだろうか?

    こういう夢を、わたしは時々見ることがある。

    ネックレスは、富や財産の象徴といわれるが、女性らしさを表わす場合もあるという。

    ネックレスを身につけるのは幸せや恋愛が成就するという暗示。

    周りの人とのコミュニケーションがうまく行き、友人や恋人に恵まれるという意味でもあるそうだ。

    誰かにネックレスをプレゼントされる夢は、思いがけない収入やプレゼントが舞い込むかもしれないという意味で、棚ボタ的利益を得られるかも・・・。

    ところが、わたしのようにどのネックレスを買おうか目移りしているような夢を見た時は、気まぐれで何かをしてしまい、失敗するかもしれないという暗示だとか。

    もっと慎重に構えて判断せよという忠告の夢だそうだ。

    それにしても、わたしの場合、洋服にしてもアクセサリーにしても、店で目移りする夢が多すぎるかもしれない。

    常に登場する品物は、帯に短したすきに長しで、心から欲しいと思う品ではないのが不思議といえば不思議だ。

    しかし、それでも仕方なく妥協して買わざるを得ないというシチュエーションになる。

    因みに、ネックレスが絡まったり千切れたりする夢は、後に何らかのトラブルに巻き込まれる恐れありの警告だという。

    せっかちになったり、我を押し通すようなことは極力避けた方が懸命のようだ。

[frame03162106]image[1].jpg

続きを読む



共通テーマ:日記・雑感
夢の不思議 4 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。