So-net無料ブログ作成
ちょっと、一息 20 ブログトップ
前の10件 | -

奇妙な事件 [ちょっと、一息 20]


[TV]奇妙な事件


    広島市西区の小学6年の女児(12)が旅行かばんに入れられて連れ去られた事件で、監禁容疑で逮捕された成城大2年、小玉智裕(ともひろ)容疑者(20)=東京都世田谷区祖師谷3=が果物ナイフで「静かにしろ」と女児を脅し、かばんに閉じ込めたことが広島県警への取材でわかった。女児は県警に「怖くなってかばんに入った」という趣旨の説明をしているという。

    一方、県警は5日、小玉容疑者が使った旅行かばんを公開した。身長約150センチの女児は保護された際、体と足を折り曲げた状態でかばんに入れられていた。

    逮捕容疑は4日午後9時ごろ、広島市中区の路上で、旅行かばんに女児を閉じ込めた状態でタクシーのトランクに監禁した疑い。県警は動機などについて小玉容疑者から事情を聴くとともに、未成年者略取の疑いでも捜査する方針。(YAHOO!ニュース)



    たまたま見かけた少女をナイフで脅して人気のない道へ連れ込み、旅行バッグへ押し込めて連れ去ろうとした事件だが、犯人の大学生を不審に思ったタクシー運転手のとっさの機転で、少女は無事に保護された。

    150センチ、30キロの小学六年生の少女があのように狭いバッグの中で折りたたまれるように正座させられていたわけで、さぞ苦しかったろうと思う。

    ナイフで脅されて抵抗できなかったのだと思うが、それでも勇気を振り絞って「助けて、出して」と声を上げたことで、タクシーの運転手が誘拐ではないかと気付き、通行人の助けも借りて犯人を取り押さえたことはお手柄であった。

    それにしても、この成城大生は、少女を誘拐してどうしようと思ったのだろうか?

    身代金目的ならば、あまりにずさんな犯行である。

    少女にケガがなかったことが不幸中の幸いであった。

    また、4日に名古屋市では、23歳の男性が自宅内に小学1年生の女児(7)を監禁した事件も起きている。

    この事件では、逮捕された容疑者の自宅から容疑者の父親の遺体が発見され、警察が動機を追及したところ、

    「少女を監禁するのに父親が邪魔だったから(木刀で)殺した」

    と、自供したそうである。

    どちらのケースも、二十代前半の若い男性が起こした少女誘拐監禁事件であるが、あるニュース解説者は、こうした事件の犯人像を「もしかしたら、ペドフィリア(英: paedophilia)ではないか」と、話していた。

    ペドフィリアとは、一般に13歳以下の幼児や小児を対象とした性的嗜好を意味し、俗にロリコンなどとも呼ばれているもので、こういう小児性愛嗜好者は、大人の女性に対しては、ある種の嫌悪感や恐怖感を覚えるものなのだという。

    身体は成人していても、心が大人になり切れていない男性たちが、近頃は増えているとも、解説者は語っていた。

    しかし、そうした男性が増える背景には、子供なのか大人なのか判らないような描き方をされる近年のアニメキャラクターの影響があり、そうしたキャラクターがネットに溢れることで、いつでも手の届く存在のように錯覚してしまうという弊害も少なくないのだとか・・・。

    現実と幻想との境界線があやふやになることで、自分に都合の悪いものはあっさりと消し去り、稚拙な欲求だけを満たそうとする精神構造が出来上がってしまうのだそうである。

    とにもかくにも、子供たちは、ますます危機意識を強めて自分の身は自分で守るという心構えが大事になるだろう。

    スイス出身の某女性タレントは、「スイスでは、子供たちがキャンプ用の多目的ナイフを携帯するのが当たり前」と、話すが、日本では下手をすれば銃刀法違反に問われかねない。

    これからは、たとえ小さな子供でも、いざという時のために最大限の抵抗が出来るような、日ごろの訓練が重要な時代になったようである。

・抵シ撰シ托シ千ァ狗・ュ繧・010_convert_20100924162438[1].jpg

続きを読む



共通テーマ:日記・雑感

臆病者の勇気 [ちょっと、一息 20]


[TV]臆病者の勇気



    NHKで放送していた「命をまもる授業」----子供向けに作られた東日本大震災を教訓にした防災番組だったが、ここでは、岩手県釜石市の子供たちが、どうやってあの未曽有の地震と津波から逃げ伸びることが出来たのかということを、アニメーションを交えて判りやすく教えていた。

    大災害が起きた時には、守らなければならないことが三つあるという。

    1 災害は、想定通りには起きないということを肝に銘じておく。

      数人の小学生たちが防波堤で釣りをしていたところ、あの大地震が発生。

      彼らは、地震の後には必ず津波が来ることを学校で習っていたために、すぐに海から離れて、避難先に指定されていたビルへ向かうが、中の一人の女子児童は、海の水がすごい勢いで沖へと引いて行くさまを思い出し、このビルでは大津波が来た時おそらく持ちこたえられないだろうと判断。

      彼女に賛成した男子児童とともに、「このビルで大人と一緒にいた方が安心だ」と主張する他の同級生たちを説得し、全員で高台へ避難して、巨大津波から逃れることが出来た。



    この時、避難指定のビルでは助からないと考えた女子児童は、「大人たちの行動にあまりにも危機感がなさすぎたので、不安になった」と、話していた。

    災害は、必ずしもハザードマップ通りに起きてくれるものではないことを、この女子児童は直感し、彼女に賛成した男子児童は、もう少し遠くの高台まで逃げれば、後ろは山なので、さらなる大津波が襲っても逃げられると考えたのだという。

    大人たちの中には、行政の指示を鵜呑みにしてそれを正しいと思い込んでいたために、津波にのまれた人が多かった。

    しかし、この子供たちは、津波の恐ろしさを行政が考える以上のものと想像したために助かったのだという。




    2 災害時には、自分の持てる力や知恵をすべて活用し、最善を尽くす。

      両親が外出中にこの大地震に遭った小学生の二人の兄弟は、家の中で避難するための水や食料などをリュックに入れている間に、津波に襲われてしまった。

      弟はパニック状態になりかけて、迫りくる海水の中へ入り逃げようとした。が、兄は学校で教わった水の力のすごさを思い出し、焦る弟を止めた。

      「たった50センチの水流でも、人間は立って歩くことが出来ない。小さな弟など海水に飲み込まれてしまうだろう」

      そこで兄は、弟を励ましながら自宅の屋上へ避難した。しかし、津波は屋上まで押し寄せた。兄弟は心細さに耐えながらも、必死で足元の水を掻い出しながら、父親が迎えに来るのを待って助かった。



    この兄弟は、学校で教えられた水流の威力をしっかりと覚えていたことや、避難する際には水や食料が必要なことに気付き、それらを確保した。
   
    今自分たちが出来る最善のことは何かを考えて冷静に行動したために、助かることが出来たといえる。




    3 災害が起きたと思った時は、真っ先に逃げる。

      もしも、ホテルに宿泊している際に火災報知機が鳴りだしたら、あなたは、即座に逃げ出すことが出来るだろうか?

      「もしかしたら、誤作動じゃないか?」などと考えている間に、炎や煙に取り囲まれてしまうことが多いという。こういう時は、誰かが行動するのを待つのではなく、まず自分自身が真っ先に逃げ出す勇気を持つことが大事なのだそうである。


      両親がビジネスホテルを経営している三兄弟の末っ子の男子児童は、たった一人で家にいた時大震災に遭遇した。

      地震があったあとは大津波が来るかもしれないことは、彼も知っていた。しかし、一人で逃げるなんて怖いし心細い。その時、母親が日ごろ言っていた言葉を思い出した。

      「津波の時は、自分のことだけを考えて一人で逃げなさい。逃げられれば、必ずまた会えるから」

      そこで、彼は一人で家から逃げ出し、避難場所で母親や兄弟たちと再会することが出来た。

    この辺りには、「津波てんでんこ(津波が来たら親や兄弟のことは考えずに、皆てんでに逃げること)」という言い伝えがあるという。

    とにかく、非常事態が起きた時は、自分だけが助かっても・・・とか、家族が心配だから・・・などといって家へ戻ったり、逃げることを躊躇してはいけないという教えだそうである。

      

    ただ、ここで問題になるのは、自分の命は自分で守るということがどうしても出来ない足の弱い高齢者や障害者をどう助けるかということだという。

    高齢の祖父母を介助しながら逃げようとして、津波にのまれた人も多かったという。狭い道路事情から、津波が来た時は、徒歩避難が原則で、自動車での避難は禁止していた自治体もあったそうだ。

    そのために犠牲者を多く出したということも事実のようである。

    そこで、行政には、街中の道路幅を拡幅することで、避難する際の自動車使用を認めようという動きも出て来ているという。

    災害時には一番臆病であれ----これが、今回の巨大津波被害が人々にもたらした、最大の教訓だったのではないだろうか。

img466[1].jpg
 

     

続きを読む



共通テーマ:日記・雑感

雑感いろいろ [ちょっと、一息 20]


[TV]雑感いろいろ



    タレントのスギちゃん(本名・杉山英司、39)が1日、テレビ朝日の特別番組(タイトル未定、9日放送)の収録で胸椎骨折で全治3か月のけがを負った。同局が発表した。

    同局によると、スギちゃんは番組企画で飛び込みに挑戦。千葉県習志野市の千葉県国際総合水泳場で高さ10メートルの飛び込み台からプールに飛び込んだ際に、胸椎を骨折した。すぐに病院に搬送されて入院したが、意識はあるという。

    同局広報部は「安全には細心の注意を払っておりましたが、結果として杉山さんがケガを負われたことについて、大変申し訳なく思っております。深くお詫びするとともに、1日も早い回復をお祈り申し上げます。状況をよく調査した上で、再発防止策を徹底してまいります」とコメントした。(YAHOO!ニュース)




    近頃のバラエティー番組は、タレントたちに過激なことをさせ過ぎなんじゃないだろうか?

    そこまでして笑いを求める視聴者がいるんだろうか・・・?と、かねがね疑問だった。

    スギちゃんは、この間も過労で倒れるなど、体力面にも不安があったのだと思うが、胸椎骨折とは重傷である。

    肺への影響がなければいいのだが・・・。心配なニュースが飛び込んで来たものである。




    ところで、この間お会いした某ブロガーさんと某診療所の先生から、「フェイスブックやりませんか?」と、お誘いを受けたが、実名記載とか、ブログとの掛け持ちが難しいような気がして、未だ躊躇している。

    実名記載なので、もしも、友だちになった相手と意見が合わなくなったりで、手を切りたい時などは、かなり厄介なことになるのではないだろうか?

    よほど気の許せる相手とだけ交流するなら楽しいツールなのだろうが、ある意味ブログよりも責任ある発言が求められそうで、いい加減な返事が出来ない分コミュニケーションが難しくなるような気がしてならない。

    それにしても、全世界で八億人もの人たちがフェイスブックに登録しているとは驚くばかりだ。

    フェイスブックに登録して、元彼を探すという女性も多いという。

    元彼を探してどうしようというのか、良く判らないが、未練のある女性もいるんだろうな・・・。

    もしも、元彼が他の女性と付き合っているのが判ったら、いくら別れたとはいえ、それを微笑ましく眺めていられるのだろうか?

    精神衛生上もかなりまずいと思うのだが、乙女心は複雑である。




 

続きを読む



共通テーマ:日記・雑感

話題いろいろ [ちょっと、一息 20]


[バー]話題いろいろ


    親戚とご近所から、たくさんの白桃をもらった。

    わたし好みの硬くて大きな実が、何ともジューシーでおいしい。

    旬の果物は、何となくテンションがあがるな。

    夏バテが少し和らいだ気がした。





    で、26日に志賀高原の蓮池特設会場で行なわれた「ミス志賀高原コンテスト」は、第46代グランプリ(ミス)に、長野市の大学生・三石佳那さん(20)が、準ミスのクラウンとクイーンには、同じく長野市の会社員である石賀美保さん(25)と永井香帆さん(20)が選ばれた。

    大沼池の大蛇の花嫁を選ぶというこのミス・コンテストは、今回全国から56人がエントリーし、本審査には14人が登場した。

    今年は、奇しくも長野市出身者がミスと準ミスを射止めたのだが、長いコンテストの歴史上でも珍しいことだったのではないだろうか。

    インターネット投票が解禁されたことも、選考に影響した可能性がある。

    これは想像だが、これからの一年間のミス、準ミスは相当に多忙になるため、県外出身者では対応しきれないことも多々出て来るのだと思う。

    実は、以前、わたしの知り合いの娘さん(町内出身)が準ミスに選ばれたのだが、ミスが県外出身者でたびたびのイベントへの出席が難しかったため、ほとんどの仕事を彼女一人でこなしたのだという。

    「一人では本当に大変で、家業を手伝っていても、連絡があれば急いで化粧をして支度して飛び出さなければならなかった」

    と、話す。ミス志賀高原は、単におしとやかに微笑んでいればいいだけの飾りものではない。志賀高原のイベントでは、スキーヤーたちに混じって、華麗な滑走も披露しなければならない時もある。

    とにかく、重労働が待っている。それを見越して、今回の選考はなされたのかもしれない。




    
    膝痛に悩む人には「貧乏ゆすり」が効果的だという話題を、テレビで取り上げていた。

    つま先を床に付けての貧乏ゆすりで、膝の軟骨が復活するかもしれないという理論なのだという。

    これを実践している高齢者が、車椅子から杖歩行が出来るまでに回復した例もあるそうだ。

    と、いうことで、母親がさっそくやり始めた。さて、効果や如何に?






    この間のテレビ番組で、ブサイク芸人として有名なお笑芸人の男性が、たった一日でイケメンに変身するという企画をやっていたが、驚いたのは、美容整形外科の院長が考案したカクテルビタミン注射を一本打っただけで、それまでのくすみ切った肌が、ごく短時間のうちにみるみる白くなってしまったことである。

    「美白を手に入れるなんて、容易いこと」

    と、いうことで、その効果をまざまざと見せつけられてしまっては、これまで何十万円、何百万円という大金を費やして美白に取り組んで来た世の女性たちの努力は、一体なんだったのだろうか?----と、唖然とさせられた。

    しかも、そのカクテルビタミン注射は、視神経にも好影響を及ぼし、視界も明るくなるという。

    素人には判らない驚きの医療が、世の中にはまだまだたくさんあるのだろうなァ・・・と、思った。
    
[frame31155308]image[1].jpg

続きを読む



共通テーマ:日記・雑感

認知症を発見する方法 [ちょっと、一息 20]


[本]認知症を発見する方法



    認知症を早期発見する方法は、いくつかあるのだが、先日のテレビ番組では、こんなやり方を教えていた。


    まず、10秒間で、野菜の名前を10個答える----と、いう方法である。

    この方法は、野菜の名前を10個思いつくかということが、認知症発症の目安になるのだが、同じ野菜名を何度も上げたりしていないかとか、野菜の名前がスムースに口から出るかとか、野菜の名前の中に野菜とは関係ない物が含まれていないかなども同時に検査するというものなのだそうである。



    次に、ペン、消しゴム、三角定規、輪ゴム、ハサミなどを机の上へ置き、それらを覚えてもらったのち、スカーフなどをかぶせて隠し、しばらく世間話などをしたあとで、隠れているものが何だったのかを当ててもらうという方法である。 

    もちろん、覚えやすく名前が言いやすい物なら、隠すものは何でもいいのだそうだが、短期の記憶保持力を検査するには効果的なやり方なのだという。

    これは、自動車免許の高齢者教習にも用いられている方法だそうで、この場合は口頭ではなく筆記で答えるのだそうである。



    最後に、100から順に7を引いて行くという引き算をしてもらうという方法である。

    このやや複雑な計算を暗算でやってもらうことで、認知症患者が苦手な集中力の有無を調べるのだそうである。

    でも、数字が苦手で、数字を見ただけで拒否反応を起こすわたしのような人間には、この検査方法はまず意味をなさないのではないかと思う。

    何故なら、数字と聞いた途端に、思考回路が停止してしまうからだ。数字が苦手な人のために、漢字問題で同じような検査効果がでるものを考案して欲しいものである。




    そして、単なる物忘れと認知症の違いを容易に判断するやり方もある。

    単なる物忘れ----夕飯に何を食べたのか思い出せない。

              スーパーで何を買いたかったのかを忘れる。

              以前何度か会ったことがある人だということは判るが、名前が思い出せない。



     認知症----夕飯を食べたか否かが思い出せない。

           どうしてスーパーにいるのかが思い出せない。

           以前何度か会ったことがある人を見ても、初対面だと思ってしまう。


    でも、世の中には、ほとんど人の顔を覚えないという癖のある人もいるので、この検査だけで必ずしも認知症を判断出来るとは言えないかもしれないな。


    因みに、買い物の際に一万円札ばかりを出すという人も、認知症の疑いありということだ。

    買った品物の値段が計算できないので、一万円札を出しておけば間違いないとの思いで、そうする傾向があるのだという。

[frame24192525]image[1].jpg


続きを読む



共通テーマ:日記・雑感

アイドルを考える [ちょっと、一息 20]


[カラオケ]アイドルを考える


    先日放送された『24時間テレビ35「愛は地球を救う」』(日本テレビ系)にて、さわやかな司会ぶりが高評価を得ていた櫻井翔。しかし一部ファンの間で、櫻井を心配する声が上がっているという。今年7月に行われた、来年公開の主演映画『謎解きはディナーのあとで』の海外ロケにて、駆けつけた現地ファンを完全に無視する異様な行動をとっていたという。

    実は今年の春頃から、ファンの間で「様子がおかしい」とウワサされている櫻井。撮影現場などで、ほかのメンバーを盾にし、まるで出待ちファンから逃げるかのように、その場を離れる姿が目撃されている(既報)。

    (中略)

    「当日は、ロケ情報を聞きつけたファンが50人以上集まってきたのですが、櫻井だけはジャニーズ関係者に完全ガードされ、キャップを深くかぶったまま常に下を向いていたんです。共演の北川景子や竹中直人が笑顔で手を振ったり、ファンによる撮影にも快く応じていたにもかかわらず、櫻井1人だけがファンを完全に無視するという異様な光景だったとか」(芸能プロ関係者)

    櫻井のこの態度について、前出関係者はこう分析する。

    「集まったファンたちに、関係者が『撮影は絶対にしないでください』と再三繰り返していたのですが、日本とは感覚が違うのか、半数以上のファンが携帯を片手にシャッターを押し続けていたんです。中には小型のハンディカムで、終始動画撮影を行っていた人物までいて、その内容はすぐに削除されましたが、一時期は動画サイトにもアップされていましたよ」

    確かに禁止行為を平然とされてしまえば、櫻井でなくともムッとしてしまうところだ。ちなみにその動画を視聴したと見られる海外のニュースサイトには、「ファンサービスを徹底拒否する、日本の勘違いアイドル」という内容の記事まで掲載されてしまったという。

    (中略)

    かねてから出待ちにも対応しない櫻井に、業界からは「グループ内でも櫻井1人だけが浮いている」という声も出ているが、レギュラー番組に加え、映画撮影、五輪キャスター、さらには『24時間テレビ』と怒涛のスケジュールで仕事をこなしていた状況を考えれば、こういった姿も仕方がないことかもしれない。無事にそれらが終了した現在、櫻井の心に余裕が生まれていることを願いたい。(YAHOO!ニュース)




    櫻井翔くんといえば、アイドルグループ「嵐」のメンバーの中でも、殊にインテリ男子のイメージが強く、品行方正を絵にかいたような好青年という印象が一般的だろう。

    実際、わたしの周囲の若者たちに訊けば、メンバーの中では櫻井くんの好感度が一番高い。

    「ニュースキャスターも務めているし、映画やドラマの役柄も実直な医師や頭の切れる真面目な執事の役で、信頼感がある」

    と、いう感想だった。

    しかし、わたしの彼を見た第一印象は、これとは少し違う。

    映画についての意気込みを訊ねられた時も、言葉が上滑りしているようで、与えられた答えをそつなく返していただけのように感じられた。

    「彼は、本当に自分が演じている役柄を好きなのだろうか?仕事だから仕方がないという気持ちだけで、上辺のキャラクターを無関心のままにこなしているだけなのではないか?」

    と、いうものであった。某医療系映画の主人公を務めた関係上、現実の医療現場を取材していた番組でも、医師の話を聞いている態度は、「番宣のため、仕方なく」という付け焼刃の感が拭えなかったからである。

    この人は、本当にこのインタビューがしたかったのだろうか?----と、いう疑問が付きまとい、取材されている患者や医師が、まるで時の人・櫻井翔の実直ぶりの引き立て役をさせられているようにさえ見えたのである。

    おそらく、今の彼は、自分がどれほど人々から期待されている人間かが、はっきりとは理解できていないのではないかと思う。

    シナリオに泣けと書いてあれば泣き、笑えと書いてあれば笑う。そんなほとんど心で考えることのない演技を、ベルトコンベアー式に淡々と行なっているだけなのではないだろうか?

    そのため、彼のコメントには常に何処か白々しさが透けて見える。

    「嵐」人気にあやかってドラマの主人公を決めるのも視聴率稼ぎのためには、制作側としても致し方ないのだろうが、出来ればドラマの主人公には、

    「この役は、何が何でも自分が演じてみたい魅力にあふれている」

    ぐらいの気迫を持っている役者に演じて欲しいのである。

    櫻井くんは、ドラマをその場限りの仕事と割り切っているがために、大事なファンサービスまでも気が回らないのだろう。

    彼は、本当は何がしたいのか?もしかしたら、櫻井翔自身も未だ暗中模索の世界を漂流し続けているのかもしれない。

[frame09160235]image[1].jpg

続きを読む



共通テーマ:日記・雑感

自分の非を認めない人 [ちょっと、一息 20]


[がく~(落胆した顔)]自分の非を認めない人



    世の中には、自分が悪いことを知っているにもかかわらず、それを決して認めようとしない人がいる。

    明明白白の事実として、証拠までも突き付けられながら、それでも悪いのは自分ではないと言い張る。

    それを認めたからと言って、別段命にかかわるほどのことでもないのに、絶対に事実を受け入れようとはしない。

    そして、それでも徹底的に自らの立場が追い詰められたものになると、

    「ああ、おれが悪いんだろう!お前たちは、おれを責めれば気が済むのだろう。だったら、悪者はおれということにしておけばいいじゃないか」

    と、いうような実に大人げない開き直りに出るのである。

    これは、間違っても自分の非を認めている人間の態度ではないし、おそらくは本人も本気でそう思ってなどいないはずだ。

    こうなってしまったのでは、相手の非を正そうにも、もはや手の打ちようがない。駄々をこね、信州の方言であるエボをつり始めた人間には、どれほど理論立った説得をしても、聞く耳なしである。

    こうなってしまった場合、このエボつりに対抗する手段としては、「そうだ。悪いのはあなただ。ちゃんと反省しなさい」と、一言告げて、あとは関わり合いを持たないようにするということだけである。

    しかし、実は、これよりももっと厄介な人間もいる。

    それは、自分の非を指摘された時、あえてその話題を避け、話をまったく違う方向へ持って行ってしまう人間だ。

    自分が悪いとか、間違っているということを否定するどころか、そんな事実はあり得ないし、よしんばあったとしてもどうでもいい話だ----と、いうことで相手を煙に巻いてしまおうという魂胆なのである。

    こういう反応を示すのは、何故か男性よりも女性に多いといわれる。

    どうも、男性より女性の方が自己保身欲求に長けているせいか、それとも世間を甘く見ているのか、潔さからは縁遠い感性で出来ているようだ。

    おそらくは、面と向かってのケンカに持ち込みたくないという思いからなのであろうが、こうした態度は不誠実と受け取られても仕方がない。

    自分の非を指摘されても、それをはぐらかそうとして何を言われているのかさえ、判らないようなふりをする。

    「あなたが悪い」と、言われても、「そうなのよ。本当にわたし被害者なの。悪いのは向こうの方なのよ」などと、わざとトンチンカンな答え方をして、相手を呆れ返らせてしまうという手法を用いる者さえいるのである。

    したたかというか、悪賢いというか、正に悪女の返答である。

    そして、普段はむしろ物分かり良く度量の広い賢女を気取っていたりもするのである。 

    もしかしたら、あなたもそんな女性を信用に足る優しい人だと、頭から誤解しているのかもしれない。

    ご用心、ご用心。

遘九・蠎ュ・・027_convert_20100519103300[1].jpg

続きを読む



共通テーマ:日記・雑感

文章の簡略化は難しい [ちょっと、一息 20]


[ペン]文章の簡略化は難しい


    暑い!!

    台風のせいなのか、今日もとんでもなく暑い。[あせあせ(飛び散る汗)]

    この炎天下、散歩をしていたら、日傘をさした近所の主婦とすれ違ったが、あまりの暑さに冷たい物をとり過ぎてお腹をこわしたと、苦笑いしていた。

    で、映画「プロメテウス」の評判がかなり悪いようだ。

    「人類の起源を探る」なんていう壮大なテーマと思いきや、実際は単なるエイリアンドラマだとか。しかも、日本語吹き替え版が相当にエグいらしい。

    主人公の声を担当する剛力彩芽が、恐ろしく棒読みなのだという。

    でも、ちょっと、怖いもの見たさで聞いてみたい気もするな。(笑)



    ところで、皆さんは、次の新聞記事の文章を読んで、誰のことを書いているのかお判りだろうか?

    見出しは、「錦織、16強ならず 勝つ光見えなかった」である。


    第1サーブが入る確率が低く、ストローク戦も「ぐいぐい押された。そこで勝てないと自分のいいところが出ない」と、嘆いた。

    まだ22歳だが、デルポトロは20歳で全米オープンを制した。世界ランクで20位以内に入り「もう若手ではない。上の選手に勝たないといけない使命感」が強くなったという。高みに行くには「安定感が必要。その中で攻めも混ぜないといけない」と課題を挙げた。


    これは、新聞のスポーツ欄の記事の一部なのだが、この「世界ランクで20位以内に入り」とは誰のことを指しているのか、この文章を読んだだけで即座に判るだろうか?

    わたしには、記事の見出しから、この文章が、テニスの錦織選手のことを書いているのだと判りながらも、世界ランク20位以内とは、この時の彼の対戦相手であるデルポトロ選手のこととしか思えなかった。

    つまり、文章のつなぎに主語が入っていないために、どちらの選手のことなのかすぐには判然としないのである。

    文字数制限のためなのか、近頃のスポーツ記事は特に文章が簡略化されていて、途中誰のことを書いているのか判らなくなることが多々ある。

    プロ野球の記事に関しても、文章の中に球団名が一切出てこないため、Aという選手は何処の球団に所属しているのか予め知識がなければ、最後までチンプンカンプンということもあるのだ。

    高齢者が読みやすいよう一文字を大きくしているので、その分文章が短くならざるを得ないために、選手の背景など読者が知っているものという前提で、記事は書きすすめられて行くのだろう。

    しかし、上記のように見出しと写真で、錦織選手のことが書かれているというのは理解できても、途中の文章が誰のことを指しているのか判らなければ、読者は内容を勝手に解釈してしまい思い違いをしかねない。

    この「世界ランク20位以内に入り」の前に、「錦織は」と、一言あったなら、たぶん勘違いをする確率はかなり減ったはずである。

[frame06160754]image[1].jpg    

続きを読む



共通テーマ:日記・雑感

男性受けの悪いヘアスタイル [ちょっと、一息 20]


[美容院]男性受けの悪いヘアスタイル

    
    今日の暑さは尋常ではない。

    エアコンをかけているにもかかわらず、家の中を熱風が吹いていた。

    この暑さ、一体いつまで続くのか・・・?[あせあせ(飛び散る汗)]




    で、散歩に行くのもダルいので、部屋でパソコンをいじっていたら、たまたま「男性受けの悪い女性のヘアスタイル」なるページを発見した。

    男性と言っても、どんな年代の男性にアンケート調査したのかは定かでないが、どうもしっくりこないという女性のヘアスタイルには、こんなものがあるようだ。

   

    1 前髪を真一文字に切りそろえたヘアスタイル。

      これは、女性には清楚とか可愛らしさなどの好印象で受け止められやすいのだが、男性目線からは、不気味、暑苦しい、不潔、カワイ子ぶりっ子----のように思われやすいのだそうだ。


    2 頭の上へお団子を作るヘアスタイル。

      最近、こういうヘアスタイルをしている女性を時々見かけるが、女性からすれば可愛い、コケティッシュ、ユニークというような雰囲気で、特別嫌な感じもしないのだが、男性目線では、変わり者、みっともない、飛んでいる、彼女にはやって欲しくない髪形ということで、評判はあまりよろしくない。


    3 太い三つ編みのヘアスタイル。

      女性にとっては乙女の定番ヘアなのだが、男性は、田舎臭い、年を考えてもらいたい----などの気持ちになるそうだ。

      そこで、ある程度年齢が行ってからの三つ編みは、きっちり編むのではなく、何となくふわりとルーズに編むのが違和感を懐かれにくいコツだそうである。


    4 お嬢さま風の縦ロールヘア。

      女の子なら一度は夢に見るお姫様ヘアスタイル。しかし、男性にしてみると、顔が大きく見える、高慢に見える、日常生活には似合わない----など、意外に不評。日本人の黒髪には特に奇異に感じられるスタイルなのかもしれない。


    5 クールに見えるオールバック。

     知的で出来る女を演出するオールバック・スタイルも、男性には、きつい感じがする、怖い、近寄りがたいといったイメージで受け止められがちだとか。どうしても、このヘアスタイルがしたかったら、カチューシャなどでアクセントを付けることが大事だそうだ。


    6 前髪まで後ろできっちり束ねたキャビンアテンダント風ヘアスタイル。

      女性にとっては、ある意味仕事場では不可欠なヘアスタイル。ところが、男性には、老けて見える、規格的すぎるなどと、評判はイマイチだとか。前髪をずるずるぶら下げているよりは、よほど好感が持てる髪形だが、確かに年よりも老けて見えることは事実。こういう時は、後ろで束ねた髪のお団子をあまり下へ作らないようにするとか、髪を束ねる位置を少し上げぎみのポニーテールに作るなどの工夫も必要だそうである。




    では、反対に男性のヘアスタイルで老け顔に見えるものといえば、どういうヘアスタイルかというと、トップの髪よりも横の髪の方がボリュームがあるヘアスタイルだそうだ。

    抜け毛や薄毛で髪のトップがへたって来ると、どうしてもサイドの方が広めに見えてしまい、老け顔の元になる。

    若々しく見せたいなら、トップの髪を立たせるようにボリュームを加え、サイドを短めにカットするのが良いとのことである。

    ビジネスマンなどの接客業では、あまり過激なヘアスタイルは難しいので、サイドも適度な短さにそろえると無難とのことだった。

[frame19173137]image[1].jpg
    

続きを読む



共通テーマ:日記・雑感

ドライカレーを作ってみた [ちょっと、一息 20]


[ビール]ドライカレーを作ってみた


    何か、最近、パソコンの打ち間違いが多くてすみません。(・_・;)\

    あとから読み返してみて、誤字脱字がザックザック。

    気付いたところから直していますが、変な箇所はだいたいの想像で読んでって下さい。




    「噂の東京マガジン」のトライ娘コーナーで、ドライカレーに挑戦していたので、わたしも簡単ドライカレーを作ってみた。

    サラダ油を引いたフライパンに玉ねぎのみじん切りを入れ、マーガリン(もしくはバター)を少し加えて良く炒め、ひき肉がなかったので、魚肉ソーセージで代用。

    小さく切ったソーセージを玉ねぎと混ぜ合わせると、今度はそこへカレー粉を投入するのだが、これまたカレー粉がないので固形のカレールーで代用。

    まな板の上へラップを敷き、固形カレールーを置く。そして、指に気をつけながら包丁でカレールー2かけを刻む。

    刻んだルーをフライパンへ入れてから、さらに玉ねぎやソーセージと良く混ぜ、そこへ冷やご飯を投入。

    味をみながら塩を足し、カレーが満遍なくご飯と馴染むまで炒めれば完成だ。

    粉末ドライカレーの素があれば、もっと手軽に作れるのだが、これでもまあまあおいしく仕上がる。



    
    ところで、あなたは、何かに挑戦したり自分を高めたい時、どんなことを考えるだろうか。

    「自分には出来る。必ずやり遂げられるはずだ」

    というような自己暗示をかける人も多いのではないだろうか。

    これに似たようなもので、痛みを軽減させる場合にも、こうした自己暗示が効果的だそうである。

    これは、「クエイズム」という精神療法の一種なのだそうで、たとえば、幼い子供が転んで泣いている時、母親が子供の痛がる箇所を手でこすりながら、

    「痛いの痛いの飛んで行け~」

    と、おまじないをしている光景を目にすることがあるが、これもその「クエイズム」なのだそうだ。

    だが、これをもっと効果的に行なうためには、言葉の中に「痛み」を意識させるような文句を入れない方が良いのだという。

    つまり、「痛いの痛いの」を繰り返さずに、「痛いの飛んで行け~。飛んで行け~。飛んで行け~」と、言う方がより暗示の効果は高まるのだそうである。

    暗示により、自分を高めたいとか痛みを軽くしたいと思う時は、出来るだけ肯定的な言葉を用いるのがコツだということなのであろう。

髮サ蜍戊・霆「霆・005_convert_20100822164957[1].jpg

続きを読む



共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - ちょっと、一息 20 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。