So-net無料ブログ作成
心理の不思議 13 ブログトップ
前の10件 | -

逆境に強い人、弱い人 [心理の不思議 13]


[ゴルフ]逆境に強い人、弱い人



    あなたは、仕事や人間関係で行き詰った時、簡単に諦めてしまう方ですか?それとも、状況を打開しようと踏ん張る方ですか?

    あなたは困難な状況に立たされた時、どのような考え方をするか、次の項目に当てはまるものを選んでください。

    


    A  友だちが自分の考えを理解してくれない。

       わたしに問題があるのではなく、友だちの方に個人的な問題があるに違いない。たとえば、奥さんとケンカをしたとか・・・。


    B  大切な人と口げんかをしてしまった。

       きっと、わたしの言い方が悪かったんだろう。もう少し、言葉に配慮すべきだったな。



    C  会社の重要な仕事から外されてしまった。

       たぶん、この仕事だけはわたしに向いていないと上司が判断したのだろう。わたしの能力が劣っている訳ではないはずだ。



    D  仕事が押して、新幹線に乗り遅れた。

       わたし自身のスケジュール管理が間違っていたのだ。もう少し、効率よいやり方で時間短縮をするべきだった。



    E  誕生日に友人からのお祝いメールが届かない。

       きっと、わたしの誕生日を忘れているに違いない。「おめでとう」の一言ぐらい言えよと、電話してやろう。




    これらの項目に多く当てはまる人ほど、逆境に強い人と言えるのだそうです。

    つまり、逆境に立ち向かうことが出来るか否かの違いは、その人の考え方の違いにあると言われ、困難に直面した時、次のような思考をすることが大切なのだといいます。

    


    1  傾聴----逆境に直面した時は、まず、自分の反応に耳を傾け、自分がどのような状態かを客観的に把握する。


    2  探究----どうしてそういうことになったのか、逆境の発端を知り、自分にはどのような責任があるのかを考える。


    3  分析----逆境の原因を見極めたうえで、それは今後コントロールが可能なものか否かを判断し、コントロールした場合の自分の人生への影響を計算する。

    4  実行----逆境を打開するうえで必要な情報を集めたり、自分に出来ること、他人に手伝ってもらわなければならないことを整理し、行動する。




    こうして、今、自分が置かれている状況を冷静に判断しつつ、今後行なわなければならないことを決断する力を身につけることが、すなわち逆境に強い精神力を養うことになるのだそうです。


    そうはいっても、いきなり思いがけない試練に直面すれば、誰でもパニックに陥ってしまうのは仕方がありませんよね。

    それが普通の人間の反応というものです。

    まあ、早い話が、「バカは風邪ひかない」の論理と似ていて、自分に甘く他人に厳しいポジティブ思考の人ほど、実は逆境に強い人と言えるのかもしれませんね。


    ***  資料参照

[frame02165969]image[1].jpg






    

続きを読む



共通テーマ:日記・雑感

好きな人は素敵な人? [心理の不思議 13]


[揺れるハート]好きな人は素敵な人?



    「あばたもえくぼ」といいますが、とかく人間は自分が大好きになった人のことを過大評価するというきらいがあります。

    家族や友人に嬉しいことがあれば自分のことのように喜び、逆に芳しくない問題が起きれば、周りが悪かったせいだと必死に擁護するのです。

    そして、とりわけその評価が大きくなるのは恋人に対してだと言われます。

    好きな人には、こうあって欲しい----という願望が、ありもしない妄想の恋人像を作り出してしまうというわけですね。

    しかも、家族や長年付き合っている友人などと違って、恋人のことはすべて把握している訳ではありませんから、自由な妄想の領域がさらに広くなるようで、

    「わたし、お料理教室に通っているの」

    と、彼女が言えば、彼は勝手に想像を膨らませ、

    「きっと、フランス料理なんかも上手に作れるんだろうな」

    などと、素敵なお嫁さん像を描いてしまうのですが、実際の彼女にはサバとさんまの区別もつかないなどということも多々あるわけです。

    そんな妄想像を相手に描き続けた者同士がいざ結婚などということになれば、

    「毎日、きみの手料理を食べられると思っていたのに、今日もまた外食かよ」

    「そういうあなただって、一流商社マンというからには英語ぐらいペラペラだと思ったら、ほとんど理解できていないじゃないの」

    「おれが、いつ英語が堪能だなんて自慢したよ?」

    「あなただって、あたしがフランス料理を作れるなんて、いつ誰から聞いたわけ?」

    と、いうことにもなり兼ねないため、そんなお互いの妄想崩壊が離婚の原因になることも多いようです。

    「そのままの彼女が好きなんだ」

    「飾らない彼だから結婚するの」

    そんな風に感じる時こそ、要注意。

    あなたの目に映っている恋人像は、かなり怪しいと自覚するべきなのかもしれませんよ。

[frame02165889]image[1].jpg







    


続きを読む



共通テーマ:日記・雑感

男らしさ、女らしさ [心理の不思議 13]


[ムード]男らしさ、女らしさ



     次のAとBの項目の中で、自分の性格に近いと思うものを選んでみて下さい。


    A  自己主張が強い  たくましい  積極的  判断力がある  自信がある  行動力がある  行動範囲が広い  自立している  信念がある



    B  人に尽くすのが好き  ほほ笑みを絶やさない  気配り上手  愛嬌がある  明るい  献身的  ひたむきに人を
愛することが出来る  順応性がある  気持ちが細やか





    そして、次の文章を読んで下さい。



     男子大学生が何者かに殺害されるという事件が起きた。

    警察の懸命の捜査にもかかわらず、犯人が特定できないまま事件は迷宮入りになってしまった。

    それから10年が経ち、大学生の息子を殺された母親が、偶然、真犯人の正体を知った。

    それは、母親が事務員として勤める会社に時々やって来ては機械の調整やメンテナンスを行なうエンジニアだった。

    息子のかたき討ちを決意した母親は、ある日そのエンジニアが自宅を出るところを待ち伏せし、包丁で刺してしまった。

    エンジニアはその場に崩れ落ち、悲鳴を聴いて家から飛び出して来た夫は愕然と立ちすくんだ。




    この文章を読んで、「?」になってしまった人は、男らしさ、女らしさにある種の偏見を持っている人だと言われます。

    エンジニアと聞いて、「男性に違いない」と、思い込んでしまった人は、この文章に「?」となってしまった訳ですね。

    では、最初の質問で、Aに当てはまる項目が多かった人は、どちらかといえば性格が男性的な人だそうです。

    また、Bに当てはまる項目が多かった人は、女性的な性格といえるそうです。

    でも、女性でもAの項目に当てはまる方が多かったという人もいるでしょうし、その逆にBの項目が多いという男性もいると思います。

    「~~らしさ」という考え方は、元来性別には何の関係もないのですが、人はそういう固定観念から抜け出すのは難しいものなんですよね。

    
    ***  参考書使用

%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%91%E3%83%90%E3%83%A9s006[1].jpg

続きを読む



共通テーマ:日記・雑感

ナルシストとは・・・ [心理の不思議 13]


[黒ハート]ナルシストとは・・・



    脳科学者の説によると、自分のことが大好きで、常に自分の写真を持ち歩くようなナルシストは、早い話があまり他の人から好かれることがないので、自分で自分を好きになるしかないのだということである。

    そういわれれば、確かにそういうことなんだろうな・・・と、思ってしまう。

    つまり、他人からそそがれる愛情に飢えている人ほど、ナルシストになりやすいのだ。

    上辺だけの褒め言葉など、いくらかけられても、人の心は満たされるものではないし、遠くからよそよそしいおべっかを使われても、それが本心からでないことはすぐに判るものだ。

    おそらく、そんな社交辞令ばかりの世界で生活するしかない人ほど、自分で自分を好きにでもならないことには寂しくてやっていられないに違いない。

    自分にはこんなに友だちがいるとか、こんなに恵まれた環境で暮らしているというようなことを、殊更に言いつのるような人は、むしろ現実はかなり寂しい人間関係しか持ち得ていないのだ----と、いうのが学者の論理である。

    そして、このナルシシズムが加速すると、どんなに自分が失敗したり醜態を演じても、それが恥ずかしいことだと認識することも出来なくなり、正しく自分自身の世界だけしか視野に入らなくなってしまうのだという。

    ある意味、精神疾患の一歩手前だといっても過言ではないらしい。

    おそらく、ナルシスト性の強い人は、真っ白にハレーションを起こした狭い部屋の中で、鏡に映る自分の姿のみを眺めるような幻想的な感覚を持ち続けているのだろうが、それはあくまで光の乱反射が見せる偽りの美でしかないことに気付くべきである。

    しかしながら、近頃はこの異様なナルシシズムを個性と勘違いしている人たちも多い。

    もしも、自分はナルシストではないか?----と、懸念する節のある人は、こう自問してみて欲しい。

    「自分は、いつも何かしら他人よりも有利だというようなことを吹聴してはいないか?」

    「自分から他人を褒めたことがあるか?」

    「他人が自分よりも優越の立場にあることが我慢ならないと思うことがあるか?」

    「いざという時、自分のために損得勘定抜きで力を貸してくれる友人の名前を即座に答えられるか?」

    さて、あなたは、如何ですか?

img444_convert_20100814201736[1].jpg






    
    

    

    


続きを読む



共通テーマ:日記・雑感

信濃グランセローズは、何故優勝を逃がしたのか? [心理の不思議 13]


[野球]信濃グランセローズは、 何故優勝を逃がしたのか?



    「信濃グランセローズは、何故、優勝目前で三連敗したのか?」

    これは、信濃グランセローズを応援している人たちや球団関係者はもちろん、野球にさほど興味がない県民でも気になる問題だと思います。

    普段ならば、ごく単純に「相手チームが強かった」ということになるのですが、今回のグランセローズの戦い方を見ると、そうとばかりは言えないようです。

    試合中に何でもないプレーで失策を重ねたり、選手たちが明らかに堅くなっているのが、観客の目からも如実に判ったといいますから、その緊張の度合いはかなりの物だったと推察されます。

    信濃グランセローズは、残念ながらチーム創設以来あまり芳しい成績を上げていません。

    しかも、チーム成績が上向いて来たと思うと、何故か必ず途中から失速するというシーズン展開の繰り返しなのです。

    これを心理学的に分析すると、おそらく「マイナスの期待感」が、選手たちの間に生まれているからではないかと考えられるのです。

    「どうせ、またダメだろう」「しょせん、おれなんか・・・」「こんなに順調では、何か悪いことが起きるに違いない」

    そんな気持ちのブレーキを踏み続けることが当たり前になると、人はいつしか良いことが起きたり、物事がスムーズに運ぶことを恐れるようになってしまうのだとか----。

    その無意識の恐怖が体に影響を及ぼし、これまでは何の苦もなく出来ていたことが突然出来なくなるという状況が現われたりもするわけです。

    これを「スランプ」と呼ぶ場合もあります。

    では、この「マイナスの期待感」を払拭するにはどうすればいいのか?

    一口に言って、「自分が負けるはずはない」という精神的ルールを自らに植え付けることが、手っ取り早い解決法なのだそうです。

    つまり、早い話が「勝ち癖をつける」ということですね。

    有名な某学習方法に、簡単な問題を数多くこなす----と、いうものがありますが、これもその「勝ち癖」を身体に覚え込ませることが成績アップにつながるという典型的なやり方なのだそうです。

    この「勝ち癖」をつけることで、自信を得た子供たちは勉強を好きになり、さらに難しい問題に挑戦する意欲を持つのだといいます。

    これをグランセローズの選手たちにも当てはめれば、とにかく、勝ちに慣れることが重要なのだと思うのです。

    相手は、社会人、大学生などでもいいですから、チームのレベルにかかわらず、どんどん試合数をこなしてとにかく「勝ち慣れる」----これが、今のグランセローズには必要なのではないかと思います。

    来年こそは、ぜひ初優勝を----の期待を込めて、こんなことをつらつら考えてみました。

繧ー繝ゥ繝ウ繧サ繝ュ繝シ繧コ2+045_convert_20100918110730[1].jpg







    


続きを読む



共通テーマ:日記・雑感

ジョークに隠された意図とは・・・ [心理の不思議 13]


[キスマーク]ジョークに隠された意図とは・・・



    他の人にはあまりジョークを言わない人が、何故かあなたにばかり言うということはありませんか?

    「きっと、わたしのことを気の置けない相手だと思い、親近感を感じてくれている証拠だわ」

    そんな解釈をしてしまいがちですが、どっこい、相手の本音はそれとは真逆にあることが多いようです。

    殊に、男性が女性に対してジョークを言う場合、すべてに当てはまるというわけではないにせよ、たいていにおいて、その女性を自分よりも下目に見ていることがあると言われます。

    また、「自分はきみよりも上等な人間なんだよ」と、いうことを暗にアピールしたい時も、器が大きいところを見せたいばかりに、わざと笑いをとるようなしょ~~もない冗談を言うことがあるのです。

    メールなどでも、一見相手を持ち上げるような文面を打ちながら、末尾にしれっと(笑)などと書き込んで来る男性の場合も、やはり、負けてたまるかの気負いが、ついつい蛇足の一字を書き込ませてしまう典型なのだとか・・・。

    つまり、「これは皮肉のつもりだよ」という意味が、裏にあると考えるべきなのだということのようです。(まあ、そんな裏の気持ちが簡単に透けて見えるような駄文を書く人間も、どうかとは思いますけれど・・・)

    しかし、こんなジョークの意図は、まだまだ可愛いもので、問題はある特定の人物に対してのみジョークを連発するケースだといいます。

    何故なら、その裏には、明らかにその人を攻撃する意図が隠れているということなのだそうです。

    だじゃれやジョーク、ウィットなどの冗談には、それを言う人の欲求不満や不安、怒り、恐怖などを解消したいという意図が反映していることが大半なのだそうで、特に、自己顕示欲の強い人にほど、こうした傾向が見えるのだそうです。(ただし、中高年男性のだじゃれの場合は、好かれたいためのアピールという解釈が正しいようですが)



    あなたは、誰かのジョークの標的になっていませんか?

    その人は、あなたと面と向かって真面目な会話をしたことがあまりないのではありませんか?

    もしかしたら、相手を友人と思い込んでいるのはあなただけで、相手の気持ちは全然別のところにあるのかもしれません。

    人間の心理からして、「人は、自分自身にとって楽しいことや神聖なことについては決して冗談を言わない。ジョークには必ず恐怖と苦悩が伴っているのだ」(ガーション・レッグマン アメリカの作家)----だそうですから。



    ところで、今日、テレビを見ていたら、タレントたちの再婚報道が花盛りで、そこである名言を紹介していました。

    人は、判断力の欠如で結婚し、忍耐力の欠如で離婚する。

    そして、記憶力の欠如で再婚する----のだそうです。

    なるほど、言われてみればその通りかもしれませんね。

    「もう結婚なんてこりごりだ」と、言っていた人ほど、さっさと再婚しますから・・・。

遘九・蠎ュ・・038_convert_20100909100450[1].jpg

    

    


続きを読む



共通テーマ:日記・雑感

ピッチャータイプとキャッチャータイプ [心理の不思議 13]


[野球]ピッチャータイプとキャッチャータイプ



    もしも、みんなで野球をやろうということになった場合、あなたならどのポジションに入りたいと思いますか?

    選ぶポジションによって、その人の性格がだいたい見当つくのだそうです。

    まず、ピッチャーをやりたがる人は、自信家で目立ちたがり屋。ボス的な存在を好み、いつも物事の中心にいたがる性格の持ち主といえるのだそうです。

    キャッチャーをやりたがる人は、俗に女房役といわれる通り、内助の功でボス的役割の人を支える縁の下の力持ちを好むタイプです。他人に評価されなくても、自分が良いと思うことには懸命に取組みますが、自己満足度も高いため、ゴールを自分自身で作ってしまう傾向があります。

    内野手をやりたがる人は、成績よりも格好よさを重視する傾向があります。しかし、それなりにガンバリ屋でもあるので、負けず嫌いの面が大だそうです。

    外野手をやりたがる人は、ここぞという時に爆発力を発揮する天才肌が多いのだとか。ただし、やや気まぐれな面もあるので、好不調の波が大きいのも特徴だそうです。

    ポジション一つをとってみても、案外、その人のことが見えて来るものですね。

    因みに、わたしはピッチャー派ですね。

    昔は、地肩が強くて、遠投も得意でした。

    ----が、何故か守備位置はキャッチャーをやらされ、少々不満だったことを覚えています。(~_~;)

[frame16174643]image[1].jpg





続きを読む



共通テーマ:日記・雑感

褒め方あれこれ [心理の不思議 13]


[ファーストフード]褒め方あれこれ



    あなたは、次の四つのパターンのうち、どんな言い方をされると嬉しいですか?



    A   「きみは、仕事の手際がとてもいいね。でも、時々ミスがあるから気を付けてくれないと困るよ」


    B   「きみの仕事には時々ミスがあるね。でも、仕事の内容は十分判っているようだから、飲み込みは悪くない。これからは細部にも気を配り、頑張ってくれ」

    
    C   「きみの仕事はいつも完璧だよね。ミスもほとんどなくて、もう言うことなしだよ」

 
    D   「きみは、手際も悪いし、ミスしてばかりだ。仕事に身が入っていないんじゃないのか?」




    如何ですか?

    ある実験によると、人は、Cのように最初から最後まで褒め続けられると、必要以上にプレッシャーを感じ、あまり気持ちがいいとは思わないのだそうです。

    では、その反対に、Dのように最初から最後までけなされていたのでは、これも不快なもので、自信喪失にもつながりかねません。

    ところが、このD以上に不愉快に感じるのが、Aの言い方なのだそうです。Aは、最初に褒めておきながら、あとでけなすというやり方の典型なのですが、この言い方が最も相手を憤慨させたり落ち込ませるパターンなのだとか。

    と、なれば、一番ベストな褒め方は、最初はけなしておきながら最後に褒めるというBのパターンということになりますね。

    

    しかし、ここに一つ落とし穴があるのです。

    けなされたことが、相手が常にコンプレックスに感じているものであった場合、どんなに最初けなして最後に褒めても、その褒め方は効果を発揮しないのだそうです。

    つまり、自分は太っているというコンプレックスを懐いている女性に、「きみは、太っているけれど、可愛いね」と、言っても、「太っている」という言葉だけが頭に残り、決して褒め言葉にはならないというものなのです。

    こういう場合は、その女性がコンプレックスと感じているだろうことは、あえて避け、女性が関心をもっている洋服やアクセサリーのセンスを褒める---と、いうやり方の方が理にかなっているということのようです。

    髪形にこだわりのある女性には、ヘアスタイルを褒めたり行きつけの美容院の情報を聞くなど、その人の関心事について話題を展開すると、嬉しく感じるそうですし、また、特に男性には、仕事に対する褒め言葉は嬉しいものなのだそうです。

    ですから、もしも、あなたが誰かの意見に反論したい時は、先に反論を述べてから最後に相手の意見も尊重する内容の一言を付け加えることをお勧めします。

    どんなに最初、同意するふりをしていても、最後に「そうはいっても・・・」とやったのでは、それまで褒め言葉や賛意を並べた努力がすべて水の泡になりますから----ね。

img395_convert_20100502182325[1].jpg


続きを読む



共通テーマ:日記・雑感

彼がデートに映画館を選んだら・・・ [心理の不思議 13]


[カチンコ]彼がデートに映画館を選んだら・・・



    付き合い始めて間もない男女が、映画館をデートコースに組み入れることは良くあると思います。

    まだ、お互いの気持ちがはっきりと判らない関係ですから、好きな映画の話題で盛り上がるのも、相手の趣味や好きな俳優、社会通念などを知る上では大切なことですから・・・。

    しかし、もしも二人が付き合って〇年などという間柄の場合、彼が彼女を頻繁に映画館へ誘うようになったら、これは要注意の関係になりつつあると考えてもいいのだそうです。

    映画を観ている間は、もちろん二人は会話が出来ません。

    しかも、映画が済んだ後、レストランで食事でも----と、なった時、必然的に話題は今観たばかりの映画に関したものとなります。

    「あの俳優は・・・」「あのシーンは・・・」「この監督は・・・」

    彼がそんなことばかりを話している間、彼女が別の話題を差しはさむ余地はほぼないといえます。

    これは、明らかに、男性が女性との付き合いに飽き始めている証拠なのだとか・・・。

    「きみのことは、もう判り過ぎるほど判ったから、特別な話をする必要はないよ」

    暗に、そうほのめかしているということなのだそうです。

    「どうして、近頃、映画にばかり誘うのかしら?」

    もしも、彼の態度に不審を覚えたら、映画館を出たあとで、こう切り出してみて下さい。

    「---それは、それとして、わたしたちのこと、ご両親に話してくれたの?」

    途端に彼の顔色が変わり、答えをごまかすようならば、二人の仲は、もはや修復不可能な状態かもしれない---と、判断した方がよいようです。

[photo17170715]img442[1].jpg


    ***  「ローマの休日」----世界中の女性が大好きな、おしゃれなラブストーリーですね。


続きを読む



共通テーマ:日記・雑感

雨傘で判る彼の出世 [心理の不思議 13]


[雨]雨傘で判る彼の出世


    
    あなたの彼は、いつもどんな雨傘を持っていますか?

    100円ショップで買った安物のビニール傘ですか?それとも、撥水生地もしっかりとしたこだわりのブランド物の洋傘ですか?

    そんな雨傘一つでも、男性に出世願望があるかないかが判るのだそうです。

    もしも、あなたの彼がブランド物の洋傘を持ち歩くようなおしゃれさんならば、街を歩いていても必然的に他人の注目を集めますから、自意識の強い出世志向の人間だといえるのだそうです。

    しかし、大して傘などには気を配ることもなく、当座の雨をしのげればいいと考えているような彼だったとしたら、あまり出世は望めそうにもありません。

    要は、彼自身に出世願望があまりないといえるからです。

    ただし、もしも、そのビニール傘の絵柄が凝っているとか、傘自体は高価なものではないけれど、何か思い入れのある物だった----などという場合は、それを持つ男性は自分の世界を大切にするロマンティストでもあるようです。

    自分だけの出世よりも同期との友情を大切に考えるとか、仕事は仕事、趣味は趣味と、きっちりと割り切れる感覚の持ち主といえるのだそうです。

    家の中まで仕事の話を持ち込むような、仕事が家族----と、いった人間ではないと考えられるようです。

    また、雲行きが怪しくても、傘を持たずに出かけるような行き当たりばったり人間を彼に持つと、それこそ計画性のない行動や考えをするために、女性はいつも振り回されっぱなしということにもなりそうです。

    そして、電車やバスの中にしょっちゅう傘を忘れて来てしまうような男性は、単に忘れっぽい性格というだけではなく、目の前に何か変わった物が現われると、すかさず意識がそちらの方へ集中してしまう癖があるものと思われます。

    そういう男性は、会社のような組織的共同体で生きるよりも、芸術や研究など個人の素質を重視する分野で出世する可能性が大きいのかもしれません。

    あなたの彼は、普段、どんな雨傘を持っていますか?

    え?----こうもり傘ではなくて、番傘を差している?

    それは、かなり独自の世界に浸りきって生きている人なんでしょうね。(^_^;)

髮サ蜍戊・霆「霆・005_convert_20100822164957[1].jpg




続きを読む



共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 心理の不思議 13 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。