So-net無料ブログ作成
検索選択
夢の不思議 3 ブログトップ
前の10件 | -

お風呂に入る夢の意味とは? [夢の不思議 3]


お風呂に入る夢の意味とは?[いい気分(温泉)]



    今日は大陸からの寒波到来で、未明から軽く吹雪いている。

    

    寒い時季は、やはり一日の終わりにはお風呂が恋しくなるものだが、皆さんは、お風呂に入る夢を見ることがあるだろうか?

    お風呂に入る----とは、入浴ということだけではない。

    服を着たままお湯の中へ入ることも意味する。

    わたしの場合、よくこうした夢を見ることがある。

    というか、夢の中に大きなお風呂が時々登場するのだ。

    こういう夢は、くつろぎたいとか、気持ちを浄化したいという心理状態の時に、よく見るものなのだという。

    最近は、湯船につからずに、シャワーだけで入浴を済ませてしまう人も多いようだが、このシャワーを浴びるという夢は、恋愛人間関係の好転といった、よい兆候の夢だそうだ。

    ところが、一般的には、お風呂へ入るという夢は、おしなべて警告の意味合いが強いようである。

    ゆっくりと湯船につかる夢は、「疲れているので休養をとりなさい」ということを教えているのだそうで、洋服を着たまま風呂へ入る夢は、「対人関係が悪くなるかもしれないので気を付けなさい」の意味が濃いという。

    また、「不摂生がたたって、体調を崩すかもしれない」との忠告でもあるそうだ。

    そして、お湯が熱すぎるとか、逆にぬる過ぎるといった夢は、健康に問題ありの暗示でもあるというので、生活習慣を見直した方がいいかもしれないという。

    特に、冷たい風呂へ入るような夢の場合は、眠っている間に布団がはがれているといった場合もあるので、良く自分の状態を思い返して見て欲しいということのようである。

  
    ***  寒い日は、足湯でのくとまろう!(あったまろう!)

[trim10214394]image[1].jpg

続きを読む


プレゼントの夢を見たら・・・ [夢の不思議 3]


[ぴかぴか(新しい)]プレゼントの夢を見たら・・・


    クリスマスも間近に迫ると、今年は、誰からどんなプレゼントがもらえるか期待してしまう人もいるだろう。

    近年、クリスマス・パーティーなどにはほとんど縁のないわたしには、あまり関係ない話題ではあるのだが、夢の中となれば、また話は別である。

    クリスマスに限らず、プレゼントに関する場面が夢に現われた時、それはどんな意味を表わす夢なのであろうか?

    そもそもプレゼントとは、好意や援助、献身、愛情などを意味するアイテムといえるそうで、これが夢に出て来ることで、自分を取り巻く人間関係が判るのだそうだ。

    もしも、あなたが誰かにプレゼントをして喜んでもらっている夢を観た時は、人間関係が好転するという暗示だそうで、もしも、会社や学校で人間関係で悩みがあるのなら、それが改善されるかもしれないという兆候と見てよいようだ。

    そして、そのプレゼントを嬉しそうに受け取るのが異性であった場合、恋愛や愛情運が好転する兆しだということのようである。

    では、反対に誰かからプレゼントをもらう夢を見た場合はどうだろうか?

    それは、友情運が上昇するという暗示だそうだ。気の合う人や、知人との間がうまく行き絆が深まるということで、意中の相手からのプレゼントならば、その相手の考えが理解できたり、距離がより近くなるという暗示だそうである。

   


    ところが、プレゼントを贈ったのに受け取ってもらえない夢を見た場合の意味は、相手が知人の時には、あなたがその知人に対して何か恐怖や気まずさを覚えている証拠だとか。

    「もしかしたら、嫌われているもかもしれない・・・」という不安感が見せる夢なので、自分に対して自信をなくしている証拠でもあるという。

    そして、もらったプレゼントがあなたにとって、あまり価値のない物だったり、箱の中が空っぽの場合は、自分が相手にとってあまり重要とされていないのかもしれないという疑心暗鬼が反映した夢なのだとか。

    また、もらっても困る物や、欲しくないプレゼントをもらう夢は、友人や知人関係にトラブル発生の予感だということである。

    もらったプレゼントを開けるのに躊躇しているとか、開けるのが怖いという夢は、自分の気持ちをうまく表現できないでいる証拠。積極的に一歩踏み出す勇気を持つことが大切だそうだ。

[frame12154819]image[1].jpg

続きを読む


パンを買う夢を見た [夢の不思議 3]


[ファーストフード]パンを買う夢を見た



    この間、とてもリアルにパンを買う夢を見た。

    夢の中では、パンの種類までもしっかりと判り、パン屋さんの店内は、わたしの他にも大勢のお客さんで繁盛していた。

    わたしは、たくさんの焼き立てのパンを前に、トレーとトングを手にしてウキウキだ。

    中でもふわふわの大きな茶色いパンを二つトレーへ載せた。これは、ミルクパンだと思う。

    次に、カステラパンをトングで挟み、取ろうとするが、あまりに軟らか過ぎてパンくずが落ちてしまって少し取りにくい。が、これも何とかゲット。

    そのうちに近くまで来た男性客が、ビニールに包まれたカレーパンを手にして何やら言いがかりを付けたそうな気配だが、こちらが一喝したら退散した。

    やがて、会計を済ませて店を出たところで、目が覚めた。

    このような、パンを買う夢を見た場合の暗示は何なのか?

    パンは、豊かさや生活状況を意味するのだそうで、パンを買う夢は、信頼できるパートナーや味方になってくれる目上の人を得られる予感ということだそうだ。

    また、ふっくらとしたパンを買う夢ならば、順調な仕事や日常生活、嬉しい知らせが届く予感という暗示。

    パンくずが印象的な夢は、思いがけない幸運が舞い込むかも・・・ということのようである。

    自分でパンを焼く夢は、充実した結婚生活が送れているという意味と、まだ独身の人ならば、そういう未来が待っているという暗示。

    たくさんのパンを抱えている夢は、金運上昇の印で、くじに当たるなど棚ぼた的幸運が訪れるかもしれないという意味だそうだ。

    そして、パンを食べている夢は、健康に恵まれている証だとか・・・。夢の中で物を食べると風邪をひく---と、いうような迷信があるが、パンはそうでもないらしい。

    しかし、硬いパンやカビの生えたパンの夢は、運勢が下降気味ということを知らせているものらしく、何らかの障害が現われる兆しとか・・・。

    食べてみたら、やけに甘いパンの夢は、身体の変調を暗示している可能性もあるそうだ。

    そして、パン職人がパンを焼いている夢を見た時は、やがて何か大事な知らせが届くということを暗示しているので、見逃さないように気を付けた方がいいらしい。

    だいたいにおいて、パンの夢は、幸運の知らせということのようだ。

    まあ、実際にこんな幸運がやってくればいいのだが、期待せず気長に待つとしようか・・・。(^_^;)

[frame27155943]image[1].jpg

続きを読む


歩く夢を見たら・・・ [夢の不思議 3]


[音楽]歩く夢を見たら・・・



    ほとんど歩けなかった時は、よく夢の中で歩いたり走ったりする夢を見た。

    何だ、歩けるじゃない・・・と、感動しながら目を覚ますと、現実に戻って落ち込む---という日々の繰り返し。

    そうかと思うと、まったく逆の夢を見た時も・・・。

    どんなに頑張って歩いても、ぬかるみに足を取られて、まったく前進出来ないとか、階段が急すぎて上れないとか、足が重くて一歩一歩が汗だくという夢も見た。

    そんな時は、やはり夢の中に現実が入り込んでいるのだと辟易したものだが、担当医の先生に電話をかけると、「階段の上り下りは、どうですか?」と、すぐ訊ね返して下さり、そんな気遣いも励みになって、毎日必死に歩く練習をしていたせいか、今では階段の上り下りもさほど苦労ではなくなった。

    人間、何でもなせばなる---である。

    で、そんな歩くという行為が夢に出て来た場合の意味を考えてみた。

    歩くという夢は、人生の歩み自体を意味するものだそうである。

    そして、夢の中の歩き方で、その意味も変わってくるそうだ。

    さっそうと歩いている夢は、目標に向かって順調に進めるという暗示であり、成功や達成が手に入るという兆しを意味するものだが、歩き疲れてふらふらしていたり、時々躓いたりする夢は、もっとしっかり前を向いて行きなさいという忠告だそうだ。

    また、歩き疲れている夢は、心身ともに疲れが溜まっている証拠。現実では、ゆっくりと休養をとることが必要という意味だという。

    一歩一歩確実に歩みを進めている夢は、地道な努力を続ければ、頑張っただけの成果が得られるだろうということで、歩いている間に目的地が見えて来たら、恋のチャンスが巡って来る兆し。

    しかし、いつまでたっても目的地が見えない場合は、自分が内心、そんなチャンスは到来しないかも・・・と、弱気になっている証拠だということのようである。

    あてもなくさまよい歩くのは、現実でも、この先自分はどうしたらいいのか判らず、精神的に不安定な証しであり、何処かに寄り道をしてしまう夢は、一度立ち止まってよく考えよ、という注意の意味があるらしい。

    夢の中の歩き方には、現実の体調や心理状態が反映されやすいそうで、迷いや不安があると夢の中でもうまく歩けないのだとか。

    もしも、そんな歩きにくい夢を見た時は、実生活をじっくりと振り返り、見詰め直すことが大事だということのようである。

[frame04154174]image[1].jpg

続きを読む


亡くなった人が夢に現われたら・・・ [夢の不思議 3]


[やや欠け月]亡くなった人が夢に現われたら・・・



    秋のお彼岸ということで、こんな夢占いを書いてみる。

    わたしの夢にも、亡くなった友人が時々登場するのだが、同じ故人が何度も夢に現われる時は、その人が亡くなっているということを、こちらがまだ納得していないことを意味するらしい。

    いつまでも故人にとらわれず、前向きに生きなさいという忠告の夢と考えてよいようだ。

    そして、その人の分まで一生懸命生きようとする気持ちが、開運に結びつくのだという。

    亡くなっている人と、楽しく会話する夢もまた、開運への暗示だそうで、亡くなった人から何かをもらう夢も、運勢上昇が期待されて、眠っている才能が発揮されたりと、良い暗示の夢だという。

    亡くなった人とふれあう夢は、やはり運気が好転したり、願い事がかなうという意味があるという。

    しかし、亡くなった人から食べ物をもらい、それを一緒に食べるという夢は、病気やケガの暗示ともいわれるので、日常生活を見直してみることも大事だそうだ。

    また、夢の中の故人が、怖い顔をしていたり、深刻そうな表情を浮かべていたら、それはあなた自身の生活態度に改めるべき問題があるということ。

    夢に出て来る故人の言葉や表情には、夢を見ている人への重要な忠告や警告が隠されていることがあるので、良く思い出してみることが大切だそうである。

    そして、もしも、亡くなった人があなたの家にいる夢を見たら、それは思いがけない幸運が訪れる兆しだとか。

    亡くなった人の夢は、通常、怖いもののように思われがちだが、意外に幸運の前兆と考えて良いようである。


    ただ、そんな故人と一緒に家から出るとか、門を出る、列車に乗る、川を渡る、橋を渡る、故人に手招きされる----ような夢は、あなた自身が病気になったり、不幸が訪れることもあり得る兆しといわれるので、要注意だそうである。 

[frame22154787]image[1].jpg

続きを読む


小学校の夢を見る [夢の不思議 3]


[ビル]小学校の夢を見る


    小学校の夢といっても、当時の学校生活や友人関係の思い出ではない。

    わたしが子供の頃通っていた小学校の旧校舎そのものが、時々夢の中に登場するのだ。

    明治に建てられた古い木造校舎だったのだが、戦前までは小学校と渡り廊下でつながる構造で、今でいう中学二年生まで通うことが出来る「高等科」も隣接していたので、校舎内はとにかく広かった。

    体育館前の下級生用の玄関には、動物のコウモリがぶら下がっていた。

    25メートルプールもあった。

    低学年の頃は、自分の教室がある棟以外へなど行けば、迷子になってしまうのではないかと思うほど、内部は複雑に入り組んだ作りになっていて、とにかく階段や廊下だらけ。

    校舎の後ろには山が迫り、学校にはお決まりの墓地もあった。

    建物内の一角には温泉も湧いており、湯船まであったところを見ると、当直の先生や用務員さんが使っていたのかな?

    そんなあらゆる場所が、断片的に夢には出て来る。

    階段を上り下りしている白衣を着た科学担当の先生なども、毎回セットで現われる。

    いつも腰を痛そうにしていた。

    高等科のあった棟は、のちに新しい講堂になったように記憶しているのだが、こっそりと探検するのも楽しかった。

    しかし、何故だか、その頃の同級生たちが夢に出て来ることは、ほとんどない。

    同級生と遊んだ記憶は、学校以外の場所での方が鮮明だ。

    夢に出て来るのは、あくまでも旧校舎だけなのである。

    二十年以上前に近代的な鉄筋校舎に建て替えられたのだが、一、二度取材で新校舎の中を歩いてみたが、行儀よくこじんまりしていて、かつての何とも言えないまるで校舎全体が息をしているような不思議な空間の匂いはまったく感じられなかった。    
    
    あの木造校舎、今にして思うが、どうして取り壊してしまったのだろう。

    老朽化は激しかったと思うが、実にもったいない気がする。

    あなたは、卒業した小学校の夢を見ることがあるだろうか?

    中学や高校の校舎は、しっかりとした現実感の中にあるのだが、小学校の校舎は、何故か夢と現実のはざまに浮遊している存在のような気がする。

[frame14172193]image[1].jpg
    

続きを読む


お茶やコーヒーの夢を見たら [夢の不思議 3]


[喫茶店]お茶やコーヒーの夢を見たら



    夢の話には興味がないという人もいるが、それは夢など覚えていないという爆睡型の人なのかもしれないな。

    まあ、健康な睡眠が取れている証拠でもあるので、それはそれで結構なことである。

    が、今回、ある人から「飲み物の夢には、どんな意味があるのか?」と、訊ねられたので調べてみた。

    その人は、夢の中にしょっちゅう喫茶店やレストランで、友人や知人と飲み物を飲む夢を見るのだそうだ。

    あまりこれが頻繁だと、実際に喉が渇いているということなのだと思うのだが、この夏の熱帯夜では、かく汗の量も半端ではないので、そんな夢を見るのかもしれない。

    ただ、飲み物の夢は、その出て来る飲み物が冷たいか熱いかだけでも、暗示の意味が変わってくるらしい。

    まずは、元々は熱いのに時間が経ってしまい冷めたコーヒーやお茶を飲む夢である。

    これは、あまり良い夢とは言えないようで、恋愛面でのトラブルが予期されるという。

    しかし、水を飲んで渇きが癒される夢であれば、日常生活が順調に行くということで、甘酸っぱいレモネードや甘い炭酸飲料などをグラスについで飲む夢ならば、あなたが周りから注目される存在になる可能性があるという意味だとか。

    また、缶ジュースを飲む夢は、嬉しい出来事が起きる予感----だそうである。

    では、温かいお茶やコーヒーを飲む夢はどういうものかといえば、ラブチャンスに恵まれたり、異性との会話が弾むという暗示で、これがミルクコーヒーやカフェオレだった時は、嬉しい知らせが舞い込む予兆だそうである。

    そして、そのお茶やコーヒーを、あなた一人で飲んでいる場合は、仕事での独立のチャンスが転がり込むかもしれないということで、あなたが親しい人たちと一緒にお茶を楽しんでいる夢ならば、その人たちともっと親密になりたいと思っている証だそうだ。

    それには、もっと誠実さを心がけなさい----とのアドバイスも含まれているのだということである。

    因みに、ワインの夢は、あなたの感性が特別鋭くなっている証拠だそうで、ひらめきを大切にすると、幸運に恵まれるかもしれないそうだ。

    だが、そのワインを誰かのグラスについでいる夢は、あなたのペースを乱そうとする邪魔な存在が近くにいるのかも。周囲に振りまわされないように、自分をしっかり持つことが大事だそうである。

[frame04174856]image[1].jpg

続きを読む


逃避願望は夢に出る [夢の不思議 3]


[喫茶店]逃避願望は夢に出る



    現実から目をそむけたいとか、何かを遠ざけたいという気持ちがある時は、それが夢に反映することが多いそうだ。

    夢の中で眠る夢を見る時はないだろうか?

    目を覚ましても、それは夢の中で、実際にはまだ眠り続けているというような場合、実は現実に嫌なことがあったり、そういう事柄と直面したくないような気分が見せる夢なのだという。

    こうした夢を見る時は、一口に言って安らぎや平穏を求めている証拠でもある。

    そして、そんな夢の中で、必死に睡魔と闘うようなシーンが現われたら、何か気持ちの中にわだかまりが生じているということかもしれない。

    やらなければいけないことが、まだやり終わっていないとか、もっと注意力を働かせよとの自分の中からの警告が、そうした状況を夢の中に作り出すのだという。

    だが、それよりも深刻な意味を示す場合もある。

    それは、現実に自分が疲れ切っている時にも、こうした夢は見ることがあるらしい。

    起きたくない。朝が来なければいいのに・・・。

    そんな激しい疲労感がいつまでも眠り続けるような夢を見せることもあるそうだ。

    近頃は、長期化する不況により、こうした夢を見る人も意外に多いらしい。

    眠り続けている間だけは、不安だらけの現実社会を忘れることが出来るから・・・。

[frame26153615]image[1].jpg

続きを読む


薬を飲む夢の意味 [夢の不思議 3]


[ダイヤ]薬を飲む夢の意味



    昨夜は、何故か薬を飲む夢ばかり見ました。

    わたしは、今もかなりの量の薬を飲んでいるので、こんな夢を見ることもあるとは思うのですが、それにしても、昨夜の夢はリアルでしたね。

    一度目は、いつものように薬の数を数えてから、飲むのですが、飲んだ薬の量がどうも計算が合わないので、どうやって、つじつま合わせをしようかと悩むという奇妙な夢でした。

    明け方にまた薬の夢を見たのですが、これは、家とはそれほど離れていない場所のホテルか何かに宿泊していて、夜中にベッドで目を覚ますのですが、夕食後に薬を飲んでいないことに気付いて、慌てるという夢でした。

    しかも、そのホテルへはいつも飲んでいる薬を持って来るのを忘れていて、朝、慌てて自宅まで取りに戻り、薬を探すという夢でした。

    こうした、薬の夢には、どんな意味があるのでしょうか?

    薬を飲む夢は、何かを失うかわりに、何かそれ以上の物を得るという意味があるのだそうです。

    また、健康を害している人が薬を処方してもらう夢を見たら、病気が好転する兆しだともいわれるそうです。

    そして、自分が薬を間違える夢は、何かに迷っている証拠だそうですから、今のやり方をもう一度検討し直した方が良いという暗示だそうです。

    まあ、わたしの場合は、いつも飲み忘れないように----ということばかりを気にしているので、こんな夢を見るのだと思いますけれど・・・ね。


[frame29152963]image[1].jpg

続きを読む


花束の夢を見たら・・・ [夢の不思議 3]


[リボン]花束をもらう夢を見たら・・・



    昨日は、朝から何となくバタバタしていました。

    そんなわけで、昼食も夕飯もコンビニ弁当で済ませてしまいました。(塩分、ちょっと多めに摂った・・・かも)

    でも、最近のコンビニ弁当は、以前に比べてかなりおいしくなったように思いますね。

    


    ところで、あなたは夢の中で誰かに花や花束をもらった----ということはないだろうか?

    しかも、異性からのプレゼントで。

    これは、夢占いからすると、もしもその異性が知り合いだった時は、その人があなたに少なからず好意を持っている暗示だそうである。

    また、その異性が知らない人だったとしても、それはあなたにもうすぐラブチャンスが巡って来るかもしれないという意味だとか・・・。

    もらった花束が美しければ美しいほど、そのチャンスは大きくなるそうである。

    ただ、その花束がドライフラワーや造花だった場合は、かなり意味合いが変わって来る。

    新しい恋愛に踏み出す勇気が出ないとか、心の何処かで過去の恋人を引きずっているということになるらしい。

    そして、もしも新しい恋を手に入れても、それはあまり長続きしないということの暗示でもあるそうだ。

    因みに、知り合いの同性から枯れたりしおれた花を贈られた夢は、その人があなたに敵意を懐いている証拠でもあるそうなので、要注意だという。

    また、逆にあなたが誰かに花や花束をプレゼントするような夢は、どんな意味を持つのだろうか?

    その時、あなたの気持ちがウキウキしているとか、穏やかならば、それは何らかの形で友人や知り合いとこれからも良い関係を築ける証だそうだが、もしも、あなたがその花をいやいや相手にくれるような夢ならば、それはあなたの大切な物が他人に奪われる暗示でもあるそうなので、最近急に接近して来たな・・・と、思う相手には極力用心した方が良いということのようだ。

    もしも、夢の中に花や花束が出て来たら、その花自体にも強いメッセージ性が隠れているらしいので、注意して覚えておくことも近い将来の参考になるかもしれないということである。

[frame27160716]image[1].jpg


続きを読む


前の10件 | - 夢の不思議 3 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。