So-net無料ブログ作成

内閣不信任案否決 [日々の雑感 17]


[TV]内閣不信任案否決



    自民党が提出した菅内閣不信任案の採決だが、民主党の代議士会が開催された直後から、風向きが一気に変わった。

    菅さんの言葉で、「震災復興と原発事故処理の一定のめどがついたら退陣する」「若手に引き継いでもらう」「民主党を割らない」この三点で、民主党内の賛成票が反対票へと一斉に動いた感がある。

    しかし、この菅総理の演説のあとでも、NHK以下マスコミは、小沢造反グループの賛成票は揺るがずと見ていたらしく、菅さんの言葉の軽さを指摘していた。

    だが、ワイドショー「ひるおび!」の男性アナウンサーだけは、司会者の恵さんやコメンテーターたちの意見とは真逆の「不信任案否決」が濃厚だと説明した。

    わたしも、先の民主党代議士会での小沢派の一角と見られていた原口氏の発言を聞いた時に、「もしかして、菅さんプッシュに回った?」と、思ったものだから、この男性アナの分析の方が正しいように感じた。

    衆議院本会議での不信任案否決演説をした民主党の若手議員の言葉も迫力があった。

    別に、何党を支持しているというわけではないが、久しぶりにしっかりとした演説を聞いたような気がした。

    そして、やはり、小沢さんは議場に姿を現さなかった。まあ、いつものことだけれど・・・。

    小沢さんの造反を信じて白札を入れた松木謙公議員(前農林水産政務官)が気の毒な気がする。

    いずれにしても、政治の世界は一寸先は闇。

    たった一時間で賛成が反対へ大量に覆るのだから、一年生議員たちが面食らうのも判るような気がする。

    さあ、岡田幹事長が次にどう出るかな・・・?

[frame19160629]image[1].jpg



<今日のおまけ>

    明日は、久しぶりにまた暖かくなるようだ。

    六月だというのに、まだ、石油ストーブや電気炬燵が手放せないなんて、異常だな。

    このブログも、半纏を着て書いている。

    今日も雨の中散歩をして来たが、楽しいことって、そうそう見付からないものだよね。[雨]
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
ぷりんちぺ

こんにちは~。

まったく、演説を聞いていてもちょっとむなしくなるというか、相変わらずというか、永田町が一番、現実を把握していないんじゃないかとすら思えてしまいます。

管さんを応援するつもりはないけれど、選挙なんかして時間つぶしは辞めてほしかったので、これでいいか、みたいな。

乱気流のお天気、風邪、引かないように気をつけてくださいね。
by ぷりんちぺ (2011-06-02 20:04) 

わたすげ

ぷりんちぺさまへ>

 お気遣い、ありがとうございます。
 何とも、おかしな気候だから参ってしまいます。

 永田町が一番現実を把握していない---これって、その通りだと思いますね。
 解散総選挙なんてことにでもなったら、ホント、目も当てられない。
 被災者の人たちは、毎日懸命に生きているんだから、どんなにお粗末な政権でも前に進んで行くなら、今はその方がいいに決まっていると思うんだけれど・・・。
 自民党の大島さんの演説も、菅さんを批判しているのか、民主党を批判しているのか、ターゲットを一つに絞るべきだったように感じました。
 いわゆる大義のない不信任案は、攻撃照準の決め方も難しかったようで・・・。
 おっしゃるように、今は、これでいいか---ってところですよね。

 ぷりんちぺさんも、股関節、大事にして下さいね。
 


 
by わたすげ (2011-06-02 21:50) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。